梅の思い出

 日差しが暖かくなってきましたね。
ご近所の梅もきれいに咲いています。(写真撮りたかったけれども、明らかに人の家なので・・・。)
梅・・・ちろはむは梅というと大宰府を思い出してしまいます。

 高校の修学旅行の初日に大宰府に行ったのですが、季節は秋、全く梅の季節ではない。何故梅なのかというと、大宰府には銘菓「梅が枝餅」がある。
 「梅が枝餅」とは菅原道真公の好物で、公が亡くなった時この餅を梅の枝にさして霊柩に供えたというもので、見た目は薄いおやきですね。
私たちはお参りをした後、大宰府で昼食をとったのですが、そのときデザートとして梅が枝餅が出た。結構美味しかったと記憶しております・・・この時は。

この梅が枝餅をかなり気に入った友人が、お土産に購入。

その後、バスに戻るとバスガイドさんが「梅が枝餅、美味しかったですか?でもあれは日持ちしないので、買わないでくださいね。」と言う。そういうことは、先に言って欲しかった。
修学旅行の初日。これからほぼ1週間くらい帰れない。友人悲鳴をあげる。
ただでさえ、修学旅行っておこずかいが決まっているのに、こんな余計なものを買ってしまった友人の取った行動とは、あろうことかクラスメートにバラで売りつける事。
しかし、みんなだって余計なお金は使いたくない、さらにその友人の家は大家族だったために結構な数を購入していた。当然余る。
そうなると仲間内で多めに購入してあげるしかなかった。確か3つくらい食べたと記憶している。
その時にはもう梅が枝餅は要らないという気分になっていた。
美味しいものも適量を越えると不味くなる。梅を見るたびにそう思うのでした。
[PR]

by chirohamu | 2008-02-29 01:06 | ほけら~な日常 | Comments(4)

足裏初体験

 いまさらながら、足裏リラクゼーションというものを初めて体験しました。

 足裏のマッサージって、テレビでよく見る痛いものだけではないとはわかっていたのですが、人に足の裏を触られると笑ってしまいそうで『どうもなぁ』と思っていました。
しかし駅前に足裏リラクゼーションのお店があって、お店に入っていく方をよく見かけるのですよね。気持ちいいのかなぁ、と興味はありました。

で、感想。
笑いはしませんでした。
痛くはなかったし、確かに気持ちは良かった。
けれど、「これは最高!」とまでは正直思わなかったのですよね。その時点では・・・。

 足裏リラクゼーションは単なる足裏マッサージと違い”オイル”を使います。
香りも一緒に楽しみリラックスさせるのですね。
そのオイルが効いたのでしょうか?
家に帰って自分の足を見てびっくり!
乾燥していてガサガサだったかかとがツルツルにっ!
足の裏が本当にきれい!これは・・・いいなぁ・・・。
足裏リラクゼーション、クセになりそうです。
[PR]

by chirohamu | 2008-02-26 23:53 | ほけら~な日常 | Comments(4)

3・2・1、ダーッ!

 今日は風が強かったですよね。なんでも春一番だとか・・・。
(タイトルの意味わかってくれる人どのくらいいるのだろう?)
そういうことは、これからどんどん暖かくなっていくのですよね。
 さらに、23日は大安吉日で、ひな祭りの飾りつけをするのにいい日だったのですね。
しかし我が家はお雛様の置き場を作ることが出来なかった・・・。今出すとホコリまみれになること間違いなし。それはちょっとかわいそう。
お雛様を出すとより春らしく感じるのですけれどもね。もう少し出番を待ってもらいましょう。

 私にはまだまだ寒くて春を感じることはできないのだけれども、気分的にはもう冬物を編む気が起きませんね。編み終わる頃はもう暖かそうで。
そろそろ春っぽい毛糸を購入しよう!などとウキウキしています。
湯たんぽを抱えつつ、気分は春!「は~るよ、来い!」です。
ま、頭の中は年中、春なのですけれどもね。
[PR]

by chirohamu | 2008-02-24 01:02 | ほけら~な日常 | Comments(2)

料亭の味?

 夫は料理が大好きで、学生時代に料亭やレストランで料理を教わっていたことがあるらしい。実際、夫の料理は私よりも美味しい。この頃はあまり台所に立つことはなくなり味も落ちてきたのではなどと思っているのだけれども、それでも料理を手伝ってくれるので本当に助かっている。
しかし、先日私の常識ではありえない調理法を披露してくれたのでした。
 その日は手が離せない私のかわりに、お米を研いで炊飯器にセットしてくれようとしていた。
お礼を言いながら夫の手元を見てみると・・・研いでいる水からほんのり湯気が・・・。
まさか、お湯でお米を研いでいる?!
尋ねてみると、やはりぬるま湯で研いでいた。ありえないでしょう!
ところが夫ときたら「だって冷たいじゃないか!」と言う。
冷たくて大変だから、無洗米とかいろいろ出ているのでしょう。確かお湯で洗うとご飯が臭くなると思ったけれども。
 さらに「最初の2~3回すすぐ時は水でちゃんと洗っている。その後はお湯でも大丈夫だと料亭で教わった。」と言う。どこの料亭だよ!
その後、ネットで調べてみたところ、そんな研ぎ方全く載っていませんでした。
それどころか、「寒いからといってお湯で研いでは絶対いけません。」と。
やっぱりね~。

 その日、お湯で研いだご飯を食べた。「やっぱりダメじゃん。」と言ってやろうと思っていたのですが、悔しいことに私の貧弱な舌ではいつものご飯との味の違いがわからなかった。

でもやはりなんか気持ちが悪いよね。そして私は今日も冷たい水でお米を研ぐのでした。
[PR]

by chirohamu | 2008-02-22 00:10 | 食べ物 | Comments(2)

夫からの電話?

 夜ご飯も食べ終わり、夫は隣の部屋へ、私はテレビを見つつ編物をしていました。
そこへ鳴り響く電話のベル・・・

ほけら妻: もしもし。
電話の主: ごほっ、げほっ、・・・ほけ夫(夫の名、もちろん仮名)・・・。
ほけら妻: ・・・はい?
電話の主: げほっ、げほっ、ほけ夫・・・。
ほけら妻: どちらにおかけですか?
電話の主: ごほっ・・・お母さん?・・・俺・・・ほけ夫・・・。ごほっ、ごほっ。
ほけら妻: ・・・ほけ夫・・・。
電話の主: そう、ほけ夫。
        ・・・あのさ、携帯電話替えたからそれ教えようと思って・・・。
ほけら妻: ・・・あ、そう・・・。
電話の主: ・・・。

 そうです。私はお母さんではない!そして、現在使っている夫の携帯は私の目の前にある。 なにより、ほけ夫こと夫は隣の部屋にいるのですよね。
これは、あの有名な振り込め詐欺だ~っ!
うわ~っ!我が家にもこういう電話が掛かってくるんだ~っ!
ほけら妻、内心大興奮です。夫に今すぐ話したいっ!
その内心をバレないよう、たんたんと話をしていたのですが、電話の主に不審がられてしまったらしい。

 しかたがないので、「ほけ夫ならここにいるのですが・・・。」とばらすと、電話の主はさっきまであんなに咳き込んで声も低かったのに、はっきりと「すみません。間違えました。」と言って即座に電話を切った。

 夫に話したところ、「おもしろくないなぁ。もっと話を膨らませろよ~。せめて携帯の番号聞き出せよ~。」と言われてしまいました。確かに番号聞き出せば、被害届け出せたかも。
 「その電話出たかったなぁ。自分と電話で話せるなんてめったにないよなぁ。」と悔しがっていましたが、男の人が出たら、切るんじゃないかな。リスク高いしね。

でも今回のこの電話の主は夫の名前を知っていたのでかなり不気味ですよ。
みなさんもこういった電話には注意しましょうね。
[PR]

by chirohamu | 2008-02-20 00:31 | ほけら~な日常 | Comments(2)

取扱説明書

 以前「脳内メーカー」というのを夫に教えてあげたところ、この手のものにすっかりはまってしまったらしい、おもしろいのがあると言って「取扱説明書メーカー」というものを探してきた。

 今回のモノは取扱説明書風な為、性格とかがズバッとかいてあるわけではなかったので、正直ピンとこないのだけれども、箇所箇所笑えるところもある。

 夫の名で検索したところ、「赤いランプが点灯している場合は、粗大ゴミとして廃棄しましょう。」と書いてあった。・・・粗大ゴミ・・・ふっふっふっ・・・いいかも。
私の名で検索したところ「重量がございますので、持ち上げる際にはご注意下さい。」
うっ!人が気にしていることを・・・。確かに重量はかなりあるが・・・。
むーん、運動しなくては・・。
 というわけで、天気が良かったので、急に散歩などしてみたりして・・・。
距離を歩こうと思い、知らない道に入ったところ、思い切り地元で迷子になりました。
そういえば、取扱説明書にこうも書いてあった・・・。
「コンパス内蔵の製品ではありませんので、方向を知るためにはご使用しないで下さい。」
「取扱説明書メーカー」侮りがたし。
[PR]

by chirohamu | 2008-02-19 00:55 | ほけら~な日常 | Comments(2)

はぴかめさん

 「ニットマルシェ」購入しました。
この雑誌、かわいいですよね。(私には可愛過ぎるかも・・・)
でも、そんなことより「みんなの作品」コーナーに、あの「はぴかめさん」が載っているのです!
f0145776_12311989.jpg

なるとさん、凄いです~。尊敬します~!

 雑誌社には4色の「はぴかめさん」を送ったそうなのですが、うちの子と同じ色の子が載っている~!うっふっふっ、なんだか嬉しいです。
やっぱり「はぴかめさん」の愛らしさは万国共通ですね。
自分の作品でもないくせに、何故だか”えっへん!”ってえばってしまう、ちろはむなのでした。
[PR]

by chirohamu | 2008-02-16 12:37 | ほけら~な日常 | Comments(8)

皆さん元気だなぁ

只今、アクアリンクちばにいます。
またもや夫のアイスホッケーの試合でビデオ係としてかりだされました。
しかしながら、眠いよ~!
なんで皆さん元気なのでしょう?
アイスホッケーをする方は少し変わっていると思いますよ。
家には何時に帰れるのやら‥。
眠~いよ!
[PR]

by chirohamu | 2008-02-15 23:23 | ほけら~な日常 | Comments(0)

ピクトさん

 バレンタイン終わってしまいましたね。
夫は姪っ子から手づくり生チョコをもらって大喜びしていましたよ。
その姪っ子には私の編んだハートのアクリルたわしをあげました。
「たわしだけでなく、何にでも使えそう。」と喜んでくれたけれども、何に使ってくれるのか楽しみですね。

 さて、2月14日はバレンタイン以外に「ニットマルシエ」という編物雑誌の発売日でもありました。
早速本屋に行ったところ、行きつけの本屋さんは休館日。隣の本屋さんは改装中で閉まっている。・・・頼みの綱の最後の本屋は開いていたけれども・・・雑誌がない!がーん!
諦めて次の日に買うことにしました。くすん。

 しかしこの最後の本屋さんで面白い本を見つけました。
タイトルは忘れてしまったのですが、(立ち読みしただけで、購入はしていない・・・だって1000円もしたんだもん。)「ピクトさん」の写真集でした。
「ピクトさん」・・・きよびんさんのコメントにあった「非常口の人」のような影の人のことを「ピクトさん」というのですね。いや~、初めて知りました。
名前の由来は「ピクトグラム=pictogram(絵文字)」だそうです。
「日本ピクトさん学会」というHPもあるほどの人気のようです。
確かにあのデザインはなんともシンプルで分かりやすくて、それでいてキュートですよね。
 実は以前に「ピクトさん」が気になって写真に撮っていました。
f0145776_10273594.jpg

 これは江戸川のスケートリンクにある転倒系ピクトさんです。
「スケート靴で走らないよ。」と思うのですが、このアイスリンクは、夏はプールになるのです。
そこで、プールサイドは走らないようにという注意書きがあるというわけ。

「ピクトさん」・・・街中のそこかしこにいます。これからはすごく気になってしまいそうです。
[PR]

by chirohamu | 2008-02-15 01:42 | ほけら~な日常 | Comments(2)

飛騨高山土産といえば

 先日、義母に「飛騨高山に旅行に行くので、土産は何が欲しい?」と聞かれたバカ夫婦・・・飛騨牛とかいろいろあるのに・・・口をそろえて「”さるぼぼ”がいい!」

 さるぼぼとは「猿の赤ちゃんに似ていることからさるぼぼと呼ばれ、良縁、円満、安産、子宝、魔よけのお守りといわれている真っ赤な人形」です。
民芸品大好きなバカ夫婦、是非とも欲しい念願のものだったのですよね。

 そして、連休中、義母がお土産を持ってきてくれました。
私が想像していたのは6,7cmくらいのモノだったのですが、渡されたのは15cmはあろうかという結構大きな”さるぼぼ”でした。
f0145776_195062.jpg

思わず「大きい!」と言ったところ、「まだまだ大きいのあったわよ~。いろんなサイズがあったの~。」
いろいろなサイズのさるぼぼ・・・う~。見てみたい。
しかし”さるぼぼ”を見たいがためにわざわざ飛騨高山までは行けないしなぁ。
すっかり”さるぼぼ”にはまってしまったのでした。
[PR]

by chirohamu | 2008-02-13 01:15 | ほけら~な日常 | Comments(2)