ミャンマー見聞録~シャンバッグ編~

 騒動によりしばらく自粛していたのですが、あまり日にちが経ってしまうのもなんなのでぼちぼち復活させていただきます。しかし、私共が行ったときとかなり状況が違だろうし・・・。とりあえず、ミャンマー土産からということで。

 お土産の中で私の一番のお気に入り!それはシャンバッグ!ミャンマーで日常的に使われている肩掛けバッグです。
f0145776_056313.jpg

 お土産やさんやホテルでは大体5ドル前後で売られていました。
様々な色があったのですが、模様は似たような幾何学模様のものが多かったかな。
写真では真ん中の茶色のバッグがホテル購入モノです。
 マーケットでは大体4,000チャット(当時闇ルートで1ドル=1,200チャット)前後で売られていました。
ここでは様々な色・模様のものがあり、なかにはポンポンの付いたものまであります。
そりゃあもう大興奮でしたね。全部欲しいくらいでしたもの。
ただ、マーケットのモノは少し雑な作りで、ちょっと弱そう。しっかりしたものが欲しい場合は断然ホテルでの購入をオススメいたします。

 このシャンバッグ。日常的に使われていると言いましたが、現在、都市部では普通のバッグが流行っており、普通のカバンやさんには売っていないし、実際町行く人も下げていませんでした。
下げている人といえば、ほとんどがそういう流行のバッグを買うことの出来ないような物乞いの子供達。かなり使い込んだようなバッグを提げていました。貧富の差を感じてしまいます。
そのせいでしょうか?
一緒に行った方々はバッグに興味津々の様子だったのですが、私以外誰も購入しなかったようです。ミャンマーといえばロンジー・ゴム草履・シャンバッグの3点セットなのになぁ。ソレはソレ、コレはコレでしょうに。

 しかしお土産に最適と思って大量に購入しあちらこちらに配ったのですが、いまいちみんなの反応が悪かった。喜んでくれたのは民族衣装大好きの友人だけ。
もしかして一般的にはあまり受ける代物ではないのかしら。それでみんな買わなかったのかしら。購入の際はよく考えたほうがよさそうです。
[PR]

by chirohamu | 2007-11-02 01:31 | おでかけ(海外)